集団左遷の原作者と脚本は誰?江波戸哲ってどんな人?

4月21日夜9時スタートのドラマ「集団左遷」!!

 

大手メガバンクに努める片岡洋役に、福山雅治さん!!

 

福山雅治さんが日曜劇場のドラマに初主演ということで話題を集めていますね(^^♪

 

そんな「集団左遷」のドラマには原作本はあるのでしょうか?

 

この記事では、ドラマ『集団左遷』の原作本や脚本情報について紹介します。

集団左遷(ドラマ)は城南信用金庫がロケ地?【目撃情報あり】

「集団左遷」の原作本は同名小説と「新装版 銀行支店長」

「集団左遷」のドラマには原作本があります(^^♪

 

江波戸哲夫(えばとてつお)さんの「新装版 銀行支店長」と「集団左遷」です。

 

集団左遷をU-NEXTで試し読み

「新装版 銀行支店長」は銀行が舞台、「集団左遷」は不動産会社が舞台になっています。

 

そんな「集団左遷」のドラマの原作を紹介したいと思います。

 

「新装版 銀行支店長」は、三友銀行最難関の支店飯田橋支店の新支店長を命じられた片岡史郎。

 

同期のライバルも立て直しに失敗した飯田橋支店。支店長として、押し寄せる難題に立ち向かうというあらすじです。

片岡は、支店内での様々な抵抗にあいながら、なんとか融資までこぎつけたビューティーサロンのスキャンダルに巻き込まれ、娘の不登校の問題も抱えた片岡に、更なる難題が待ち受けます。

 

「集団左遷」は、三有不動産は首都圏特販部を新設部署として立ち上げます。

 

各部署から集められ精鋭50名。しかしこれは大量解雇を目的とした、新設部署です。その新設部署の本部長に命じられたのが、篠田洋です。

 

精鋭50名というのは名ばかりで、不況の不動産業界で初年度60億円という莫大な販売計画を副社長の横山が押し付けてきます。

 

社内の他部署から妨害されながらも、無能とされた50名の部下達と奇跡の大逆転をめざし、大口の取引を取りつけたのですが。

 

大まかなあらすじを書きましたが、「集団左遷」のドラマにこの二つの原作が、どのように描かれるのか、楽しみですね!

「集団左遷」の原作者の江波戸哲夫プロフィール

「集団左遷」のドラマの原作者は、江波戸哲夫(えばとてつお)さんです。

 

1946年、東京都生まれです。東京大学経済学部卒業後、三井銀行(当時)に就職するが、1年で退職。その後学陽書房を経て、1983年より文筆家になります。

 

1984年「小説大蔵省」が作家としてのデビュー作です。

 

経済小説、フィクション、ノンフィクションなど、多数の作品を書いています。

 

江波戸哲夫さんの作品で、人気の小説を挙げてみたいと思います。

 

■「定年待合室」

上司の逆鱗に触れ、「定年待合室」に追いやられた大和田は、50代の大手百貨店の敏腕営業マンでした。

 

家族のために早期退職をした矢先に妻をがんで喪い、生きる気力を失ってしまいます。

 

そんな中、ふとしたきっかけで人助けに手を貸しはじめました。販売不振や営業先とのトラブル解決を目指すなかで知り合った、経験も人脈も豊富なその道のプロたちは、それぞれの職場で、それぞれの鬱屈を抱えていました。

■「小説盛田昭夫学校(上)(下)」

盛田昭夫氏は、電気機器メーカー「ソニー」の創業者の一人です。

 

町工場だった東京通信工業。テープレコーダーやトランジスタラジオなど、常に時代の先頭を走り続け、ソニーを世界ブランドに成長させていきます。製品開発、アメリカ進出、商標裁判など、困難を乗り越えていきます。

 

そして、困難に直面した時に、彼はどう決断したのでしょうか?情熱を込めた語り口が周囲の人を動かしていく様が描かれています。

■「ジャパン・プライド」

2008年、リーマン・ブラザーズの破綻。世界中を襲った金融危機。

 

メガバンクの東西銀行の行員たちも駆け回り続けました。徹底的な取材をもとに、リーマンショックからの日本経済を多角的に描いた傑作小説です。

 

3作品を取り上げましたが、「集団左遷」のドラマの原作である、「新装版銀行支店長」、「集団左遷」も当然人気の作品です。

「集団左遷」の脚本を担当するのはいずみ吉紘

「集団左遷」のドラマの脚本担当は「いずみ吉紘」さんです。

 

1968年生まれの、愛知県出身です。

 

名古屋にある広告会社で7年間務めた後、脚本家を目指して数々のコンクールに応募していました。

 

そして、「ミサイルに翼はない」で、第11回フジテレビヤングオリジナル大賞で、佳作を受賞しています。

 

その後、テレビドラマでは、飯島直子さん、内村光良さん主演の「バスストプ」、永瀬智也さん主演の「ムコ殿」、佐藤隆太さん、市原隼人さんなど豪華俳優陣出演の「ROOKIES」、窪田正孝さん、山﨑賢人さん出演の「デスノ―ト」。

 

映画では、「ROOKIES」はもちろんのこと、管田将輝さん主演の「帝一の國」など、ラブストーリー、ホームドラマ、学園ドラマなど、話題作を次々と手掛けています。

集団左遷の原作者と脚本まとめ

「集団左遷」のドラマの原作は江波戸哲夫さんの「新装版 銀行支店長」です。

 

「集団左遷」という人気作品に加え、脚本が次々と話題作を手掛けている、いずみ吉紘さん。ドラマの主演には、福山雅治さん。

 

大手メガバンクの理不尽な要求にどうたち向かっていくのか、コミカルかつユ―モラスに、時にエネルギッシュに描いていく作品です。

 

放送を楽しみに待ちましょう(^^♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です