東京独身男子のアジェンダと名言集(1話~最新話)

4月からドラマ「東京独身男子」の放送がスタートしましたが、視聴率がまさかの「おっさんずラブ」越えで話題になっていますね(^^♪

今回はドラマ『東京独身男子』でAK男子達が記録する【アジェンダ】とAK男子達の名ゼリフについてまとめてみました!

 

独身男性達の辿り着いた言葉に注目です♪

☆ドラマ「東京独身男子」の1話~最新話の無料視聴はauビデオパスで!
東京独身男子の5話をauビデオパスで無料で見る

東京独身男子の1話~最終回のアジェンダ集

『東京独身男子』でAK男子達が、行きついた答えを見つけた時に記録する【アジェンダ】ですが、そもそもアジェンダとは??会社の会議などで使われますね。

 

agenda(アジェンダ)の意味は【計画・予定・議題・協議事項】など。

 

複数の意味として使用されますが、AK男子達の場合は3人が見つけ出した答えを記録しているようなので、この中であれば協議事項でしょうか(^^)

 

そんなアジェンダを1話目から振り返ってみましょう!

『女はその本質をSNSのアイコンに隠している』(1話)

まず1話目に登場した【アジェンダ】

『女はその本質をSNSのアイコンに隠している』

 

1話目、石橋 太郎(高橋 一生)は昔付き合っていた竹嶋 舞衣(高橋メアリージュン)と再会し、復縁を期待します。

 

舞衣の近況などが気になり、お店に様子を見に行ったり、SNSのチェックをする太郎。

 

再開した舞衣も意味深な口づけを交わすなど、復縁を期待させる素振り。

 

そんな時、太郎のAK男子仲間の三好 玲也(斎藤 工)と三好 かずな(仲 里依紗)は舞衣のSNSアイコンに、恋人と手を繋いでいる影が映りこんでいることを発見。

 

舞衣とやり直せると確信して、会いに行った太郎でしたが舞衣には婚約者がいて幸せそうに笑う舞衣を見てしまいます。

 

SNSアイコンに写る相手が婚約者だったことがわかり、肩を落とす太郎でしたが事態は一変、舞衣のSNSアイコンは変更されSNSには「小休止」の文字。

 

彼と話し合い、いったん落ち着こうという結論にいたったことが書かれていました。

 

と、ここまでが1話の簡単なあらすじになります。

 

今回のアジェンダ『女はその本質をSNSのアイコンに隠している』は、まさに舞衣の心情や性格がSNSアイコンに現された回でしたね。

 

恋人との幸せな生活が現されている手つなぎアイコンから一変、ティーカップアイコンへと。

 

女性に限らないかもしれませんが、出かけた場所や見つけたもの、幸せな瞬間などを共有したくアイコンに込める方は多くいらっしゃると思います。

 

なので”本質をアイコンに隠している”というのは的確のような気もしますね(^^)

 

今後のアイコンの変化にも是非注目してみてください♪

☆東京独身男子1話のネタバレ感想とロケ地視聴率はこちら
東京独身男子1話のネタバレあらすじとロケ地と視聴率

『相手が何考えてるかわからないとき=お前に気がないだけ』(2話)

第2話の【アジェンダ】
『相手が何考えてるかわからないとき=お前に気がないだけ』

 

太郎の事は好きだけれど、どういう感情の”好き”であるかわからない舞衣。

 

太郎の前には舞衣の婚約者も現れ事態はヒートアップしていきます。

 

後日、舞衣から温泉に誘われ喜びOKする太郎。

 

しかし誘いが営業とわかり、落胆。仕方なくAK男子達を誘って温泉へ。

 

温泉へつくと、そこには舞衣が仕事で来ていました。

 

浴衣を持つ舞衣に、太郎は「青が似合う」立樹は「赤が似合う」、意見が分かれます。

 

卓球対決でも太郎を負かし常に高圧的な立樹でしたが、太郎が一人で出歩いていた夜の事。

 

立樹が現れ、自身の態度を謝りました。

 

舞衣の幸せが1番だから舞衣が太郎を選ぶなら自分は身を引くと伝えました。

 

そして立樹は「舞衣は考えている事が出やすく、全てわかる」と言うのでした。

 

立樹の誠意ある対応と共に、自分にはわからない舞衣の気持ちを知っている立樹に敗北を感じる太郎。

 

太郎は自身の気持ちを堪えつつ舞衣に「立樹はいい人だ、幸せになれる」と伝えました。

 

お風呂を出て、偶然見かけた舞衣は立樹が進めた「赤い色の浴衣」を身にまとっていました。

 

部屋に戻った太郎は、玲也や和彦を前にうなだれます。

 

色々と頭を巡る感情がある中、太郎達に出た答えは
「相手が何考えているかわからない時=お前に気がないだけ」

そしてこのアジェンダに行きつきます。

 

舞衣の心境が全くわからない太郎。けれどそれは、舞衣自身が太郎に対して好意がなかった。

 

見せようとはしていなかった。そういった結論となりました。

 

さて、1話、2話のアジェンダをまとめましたがAK男子達が自身の欠点や疑問点を解決していくように答えを見つけていきますね。

 

次回のアジェンダも要チェックです!

☆東京独身男子2話のネタバレ感想とロケ地視聴率はこちら
東京独身男子2話のネタバレ感想とロケ地視聴率

『男は、もともと「ナシ」の女から、いくらアタックされても動かない』(3話)

東京独身男子の3話では『男は、もともと「ナシ」の女から、いくらアタックされても動かない』というアジェンダが生まれました。

確かにもともと「ナシの男」と判断されたら、いくら女性にアプローチしても難しそうですね。

☆東京独身男子3話のネタバレ感想とロケ地視聴率はこちら
東京独身男子3話のネタバレ感想とロケ地視聴率

『ゴジラ女子に要注意』(4話)

東京独身男子の4話では『ゴジラ女子に要注意』がアジェンダ入りされました。

ゴジラ女子とは、女性と出会って結婚した後に急に性格などが変わる女性と説明されていました。

三好(斎藤工)が離婚した理由はゴジラ女子だったからと言っていましたね!!

☆東京独身男4話のネタバレ感想とロケ地視聴率はこちら
東京独身男子4話のネタバレ感想とロケ地視聴率

東京独身男子の名言集(名台詞)・格言(1話~最終回)

東京独身男子2話の温泉のロケ地はどこ?

 

ドラマ『東京独身男子』ではAK男子ならではの【名セリフ・格言】といったようなものもありますね。

 

1話、2話で登場した、AK男子の言葉を少しご紹介します!

東京独身男子の名言1

『このままいったら、一人で生きて行く覚悟が必要。誰かと一緒になるのだったら責任が必要』(玲也)

 

太郎が結婚をすると決断した時、玲也が言った言葉です。

 

結婚、離婚経験のある玲也だからこそかもしれません。独身は気楽と思われがちですが、一人で生きていくというのは楽しくもあり、難しいことでもありますね。

 

その反面、互いの人生を共有するのもとても大きな責任を伴いますね。

東京独身男子の名言2

『結婚は女に自由を与え、男から自由を奪う』(AK男子)

 

これは独身男子ならではの発言ですが、男女逆転しても同じ事だと感じました。

 

仕事、家事、育児、金銭面どれを取っても相手との理解を深めることでお互いが自由な環境を作りあえるのでは。

 

名ゼリフというよりは考えさせられる言葉だと感じました(^^)

 

この発言をしているAK男子達の考え方がこれからの出会いで変わっていくのかも注目ですね。

東京独身男子の名言3

『選ぶ女によって、男の生涯獲得賃金は変わってくる』
『結婚=経済活動の再構築』(和彦)

 

本当にその相手でいいのか、生活設計は見えているか、二人より人生を積んでいる和彦だからこその言葉のようにも感じます。

 

単に”お金の有る無し”ではなくお互いの価値観や生活感なども金銭面に響いてくるという、改めて結婚や付き合いの重さを感じますね。

東京独身男子のアジェンダと名言集(1話~最新話)
まとめ

東京独身男子のアジェンダと名言集(1話~最新話)について紹介しました。

見ていると凄い勢いで駆け抜けてしまいますが、結構考えさせられる発言が多いので独身・恋愛・結婚などと言った事について改めて重みを感じますね。

 

ドラマ『東京独身男子』、アジェンダやAK男子達から生まれる名ゼリフにも注目して楽しんでください(^^♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です