ドクターコトー診療所のロケ地一覧!フェリー乗り場や防波堤の場所は?

2003年に大ヒットしたドラマといえば「ドクターコトー診療所」でしょう。

主演の吉岡秀隆さんの代表作といっても過言ではありません。

今回は「ドクターコトー診療所」のロケ地について調べてまとめました。

自然の偉大な美しさを感じさせる与那国島をお楽しみください。

ドクターコトー診療所(2003)の再放送理由と放送日!【2019年】

ドクターコトー診療所の基本情報(あらすじやキャストなど)

まずは、2003年7月期ドラマ「ドクターコトー診療所」のあらすじやキャストについて簡単にみていきましょう。

ドクターコトー診療所の主なキャスト

・五島健助(演:吉岡秀隆)~東京からやってきた医師。

・星野彩佳(演:柴咲コウ)~診療所で働く看護師

・和田一範(演:筧利夫)~村役場の職員・診療所の事務員

・星野正一(演:小林薫)~村役場の民生課課長、彩佳の父

・西山茉莉子(演:大塚寧々)~スナック経営者

・安藤重雄(演:泉谷しげる)~漁業協同組合漁労長

離島での孤独で過酷な診療に真摯に向き合うドクターコトー。

そんな医師を支える星野彩佳、和田一範。

五島を東京から離島に呼んだ星野正一。

娯楽のない島で男性たちに夢を与える西山茉莉子。

頑固で融通の利かない安藤重雄。

小さな島で起こる人間同士のぶつかりあいを、大自然の与那国島がそっと包み込むように見守っているドラマ「ドクターコトー診療所」

「ドクターX」「白い巨塔」とは違う人間味あふれる医療ドラマで、今でも繰り返しレンタルされるなど、色あせない人気ドラマの一つです。

☆ドクターコトー診療所のたけひろ役の現在は?
ドクターコトー診療所のたけひろ役の子役の現在は?

ドクターコトー診療所の簡単なあらすじ

沖縄県八重山列島にあるとされる架空の島・志木那島。

この島にやってきたのは、東京で外科医をして働いていた五島健助。

役場の民生課課長の星野にとって、この島に外科医を呼ぶのは長年の夢だった。

五島は看護師の星野彩佳、事務員の和田らと張り切るが、島の人間からは簡単に信頼されない。島の人間から見ると、東京の人間は宇宙人に近い存在だったからだ。

だが次第に五島の誠実で実直な人間性、医者としての腕が認められ、「コトー」の愛称で親しまれるように。

だがコトーが東京の大学病院を辞めるきっかけとなった医療事故の関係者が島にやってくることで島は一変。

コトーと島の人間の輪が乱れ、再びコトーは孤独に追い込まれることに…!

ドクターコトー診療所ロケ地

2003年7月に放送されたドラマ「ドクターコトー診療所」のロケ地について以下にまとめました。
ロケ地は今もそのままの形で残っているそうです。

志木那島診療所

ドクターコトーが働いていた診療所は、沖縄県八重山郡与那国島字与那国に今もそのまま残されています。

この建物はドラマのために建てられたもので、古さを醸し出すために、美術スタッフが総力をあげて作り上げたそう。

与那国島の海辺は台風が非常に多いため、2000万円をかけて頑丈な診療所を作り上げたそうです。

今でも、ロケ地巡りのファンがこの診療所を訪れています。

入場料は300円(高校生以下無料)で、診療所の受付にお金をおくシステムになっています。

診療所の中は、ドラマ撮影時のまま残されています。

ドクターコトーの机、自転車、医療器具、ドクターコトーが大好きなヤシガニラーメン、壁には医療に関する注意書き、禁煙の張り紙まで…。

訪れるファンのマナーが良いため、備品が一つもなくなることがないと島の人々は感心されているとか。

ドクターコトーが愛用していた自転車は、最初は外に展示されていたそうですが、潮風の影響でサビがひどくなったため、今は中に置かれています。

最新型ではない古びた自転車は、ドクターコトーにぴったりですね。

志木那島フェリー乗り場

志木那島フェリー乗り場は、沖縄県八重山郡与那国島字与那国にある久部良港です。

ドラマでは旅立ちの舞台、そして再会の舞台となった涙なしでは見れない場所。

一日2便しかない不便さも、この島のいいところかもしれません。

島の子供たちが通う小学校

島の子供たちが通う小学校は、沖縄県八重山郡与那国島字与那国にある、与那国町立比川小学校です。

1クラス6人しかいないという離島ならではの環境。自然に守られた優しくて大らかな子供たちはこの島の宝ですね。

この小学校は、オープンセットの志木那島診療所のすぐ近くです。

診療所近くの防波堤

志木那島診療所近くにある防波堤は、沖縄県八重山郡与那国島字与那国の比川浜です。

防波堤を超えると、白い砂とバスクリンのような青い海が広がっています。

与那国島で一番広くて安全な砂浜といわれ、海水浴客でにぎわうそうです。

安藤重雄らが働く漁協

安藤重雄らが働く漁業は、沖縄県八重山郡与那国島字与那国にある与那国町漁業協同組合です。

安藤重雄を演じる泉谷しげるさんの登場もドラマ「ドクターコトー診療所」を盛り上げました。医者と島の漁民の対比も見どころで、ぶつかり合い対立しながらも、徐々に理解しあい、尊敬しあう過程は何度見ても心が震えます。

撮影時は“与那国町漁業協同組合”の看板を“志木那町漁業協同組合”に取り換えて撮影していたそうです。

原剛利、原剛洋の家

島の漁師・原剛利と息子の剛洋が住む家は、沖縄県八重山郡与那国島字与那国にある民家。

民家の所有者は元気なおばあさま(おばぁ)で、撮影時には裏の家もあわせて二件貸したそう。

撮影時にはスタッフやキャストにお茶を出してもてなしたというおばあさま。みな親切でかっこよかったといい思い出になっているそうです。

西山茉莉子の店「まり」

島一番の美人・西山茉莉子の店「まり」は、沖縄県八重山郡与那国島字与那国の祖内集落・ナンタ浜の前にあるビルです。

「まり」では、男性たちのマドンナ・まりが、お酒、食事を提供し、男性たちにひと時の夢を与えていました。

自然はあるが娯楽は一切ない志木那町。

自然の美しさとは違う、茉莉子を演じる大塚寧々さんの妖艶な美しさが、ドラマを彩っています。

坂野孝と坂野ゆかりの家

坂野孝と坂野ゆかりが住む家は、沖縄県八重山郡与那国島字与那国にある、町営住宅です。

台風に備え、屋根がない平たい頑丈な家は沖縄の象徴です。

内つる子の家

内つる子が住む家は、沖縄県八重山郡与那国島字与那国にある一軒家です。

村の長老で産婆として人々を見守るつる子の愛情を感じさせる質素な家です。

あきおじの家

スイカつくりの名人・あきおじの家は、沖縄県八重山郡与那国島字与那国にある民家です。

現在は少し改装しています。

子供たちに愛され、何でも作る器用なあきおじが、今にも出てきそうな温かい家です。

星野正一、星野昌代、星野彩佳の家

星野家は、沖縄県八重山郡与那国島字与那国の祖内集落内にある一軒家。

台風に強そうな沖縄らしい家で、勝気だけど優しい彩佳の声が聞こえてきそうです。

志木那町役場

星野正一が働く志木那町役場は、沖縄県八重山郡与那国島字与那国にある与那国町役場。

撮影時に走っていた役所用の軽自動車は、現在はダイビングショップに引き渡されたそうです。

与那国町役場は今現在も多くのファンが訪れ、志木那島診療所に次ぐ人気観光地となっています。

ドクターコトー診療所のロケ地まとめ

ドクターコトー診療所のロケ地についての記事はいかがでしたでしょうか。

どのロケ地もそのまま残されているなんてすばらしいですよね。島の方々、そしてファンから愛されている証だと感じました。

そして「ファンのマナーがいいから快く受け入れることができる」という言葉が印象的でした。

ロケ地を訪れる際は、マナーを守って楽しんでいただけたらと思います。

以上、ドクターコトー診療所のロケ地は今もそのまま美しい!をお伝えしました。