映画『マスカレードホテル』のネタバレ解説!結末ラストも

この記事では、映画『マスカレードホテル』のネタバレや結末ラストを紹介します。

 

累計310万部を突破した東野圭吾さんの人気小説『マスカレードホテル』が1月18日に映画化されることに決定しました。

映画『マスカレードホテル』の主演、ヒロインを務めるのは木村拓哉さんと長澤まさみさん。

 

誰もが知っている豪華なキャストが連続殺人犯役となり、潜入捜査官、ホテルマンの正反対コンビが事件を解決していきます。

映画『マスカレードホテル』の作品情報

公開日:2019年1月18日

監督:鈴木雅之
原作:東野圭吾
脚本:岡田道尚
製作:石原隆
:木下暢起

映画『マスカレードホテル』のキャスト・登場人物

木村拓哉/新田浩介
長澤まさみ/山岸尚美
小日向文世
梶原善
泉澤祐希
東根作寿英
石川恋
濱田岳
前田敦子
笹野高史
高嶋政宏
菜々緒
生瀬勝久
宇梶剛士
橋本マナミ
田口浩正
勝地涼
松たか子
鶴見辰吾
篠井英介
石橋凌
渡部篤郎

映画『マスカレードホテル』のあらすじ

殺害方法や殺害された人たちに全く共通点のない殺人事件が都内で3件起こった。

 

その3つの事件に共通しているのは、殺人現場に残された数字。その数字から次の殺人が起こるのは、ホテル・コルテシア東京だと分かる。

 

ホテルの中でも特定の人間だけが事件のことを知らされる。フロント係の山岸尚美もそのうちの一人だった。

 

フロント係に配属された刑事の新田は、服装や態度が悪く山岸から徹底した指導を受ける。

 

理不尽な様々なクレームに対応し「お客様がルールブックだ」という山岸を理解できない新田も渋々仕事に取り組んでいた。

映画『マスカレードホテル』のネタバレ

マスカレードホテルネタバレ
以下はマスカレードホテルのネタバレとなりますので、まだ映画や原作を見ていない方、結末ラストを知りたくない方はご注意ください。

ある日、視覚障害をもった老婦・片桐瑤子がやってくる。視覚障害をもっているにも関わらず手袋をしたまま過ごしている姿から新田は、彼女を目の不自由な人を装っているという。

 

山岸は、レストランで点字で書かれたメニュー表も手袋を外さず触りもしなかったことから新田の言っていたことがうそではないと感じる。

 

しかし事件とは関係ないと考え、部屋でわざと落し物をしたとうそをつくなどの嫌がらせをされてもホテルマンとして片桐瑤子への対応を行った。

 

そして、老婦が帰る日、今度一人で泊まりにくると言い張る視覚障害をもった夫のために下調べをしにきたのだと打ち明けられる。これまでの失礼とすばらしい接客に感謝される。

 

写真をもって、自分にこの男を近づけないでくれという安野絵里子は、なぜそのようなことをいうのか詳しい事情は話そうとしない。

 

しかし、事件のこともあり警護することに。写真の男は、スイートルームを予約しているお客様だったため、追い返すことはできず部屋に通した。

 

その旨を安野に伝える。そこで他のお客様の部屋番号を伝えてしまったというミスと安野が男を狙っていたことに気づき、急いで男の部屋にむかう。

 

そこで、2人はそれぞれが偽名を使い泊まっていた夫婦だと分かる。安野が夫の浮気を疑い、待ち伏せていたということが分かった。安野は、離婚届を渡しそのままタクシーに乗って帰っていった。

 

ホテルの仕事にも慣れてきたころ、栗原健治という男がやってきた

 

ホームページに掲載されている夜景と部屋から見える夜景が違うと新田を指名してクレームの電話をかけてきた。

 

急いで対応し、栗原の荷物を持ちながら、希望に沿う部屋を何部屋か見せて回った。しかし、最初の部屋でよい言い出す。その男をどこかであった覚えがあるが思い出せない新田。

 

次はパソコンが壊れた。さっき荷物を運んだときにお前が壊したんだとクレームが入る。塾の講師をしているという栗原が次の日に使うはずだった英文の資料を自分が呑みに言っている間に作り直せと言ってくる。

 

必ず栗原の部屋で1人で作業をするように言われ、部屋で作業していることが分かるように部屋の電話から電話するようにいう。その作業の際、栗原が自分が高校のとき、教育実習できた男だと思い出す。

 

帰国子女で英語ができた新田が友達に催促され、流暢な英語を話したことがきっかけで、栗原は教育実習に来なくなった。

 

次の日、英文が抜けているとまたクレームが入る。そのときにホテルマンとして丁寧な対応をしたことによって栗原が教師を挫折し、塾も解雇されたこと、田舎に帰る前に最後の贅沢をしにきたことを話し出す。

 

どんなに理不尽なことを言っても怒らず対応する新田に、自分の器の小ささを感じ、教師にはなれなかったのだと感じていた。そんな栗原に謝罪し、今からでも遅くないと声をかける。

 

新田の姿から、知らず知らずのうちにホテルマンも恨みを買っている可能性を考え、山岸は総支配人に従業員も被害者となる可能性があるのではと伝える。

 

都内で起こった2つめの事件からこれから起こりうる4つの事件を含め、闇サイトで知り合った人物たちが犯行について話すメールでのやりとりがでてくる。

 

それぞれの事件は、関係しているように見せかけた犯行だったのだ。4人目の犯人を捕まえるためには、事件が起こらなければならないと新田はいう。お客様を危ない目にあわせてしまうことを知りながら仕事をすることになった山岸。

 

そんな中、山岸はブライダル課で働く仁科から相談を受ける。

 

これから式を挙げる予定の花嫁の兄から、式の日程を知りたいと電話を受けたと。

 

親族であれば日程を本人に聞けるはず。電話の件を伝え、花嫁から話を聞くと、ストーカーの被害にあっているということだった。警察はこの事件を4つ目の事件かも知れないと考え、警備体制を整える。

 

結婚式の前日から泊まることになっている二人の元にワインが届く。

 

包み紙はデパートの物なのに、伝票が違う場所のものであったことを不審に思い、鑑識に見てもらうとコルクに注射針の痕があった。

 

式の日程を聞く電話が来たこと、いつ飲むかわからないワインに毒を仕込んだことから、新田は4つ目の事件の他に何か関係する時間があるのではないかと思う。

 

所轄の能勢に協力を頼み、足に注射針の痕がある死因不明の男、松岡高志の事件を見つける。

 

その頃、フロントでは、視覚障害の夫のために下見に来た片桐瑶子が当日の夫の部屋の候補を見に来た。

 

山岸は、片桐瑶子を部屋に案内する。

能勢の調べから、松岡が所属していた劇団員の写真の中に片桐瑶子を見つける。片桐はお年寄りに変装することが得意な劇団員、長倉麻紀だった。

 

長倉は、以前松岡がホテル・コルテシアに泊まった際、彼にサプライズをしたいから部屋の番号を教えてほしいと言ってきた客だった。その時対応した山岸は、お客様の情報を教えることはできないと断る。

 

追い返された長倉は、自分を妊娠させた責任を松岡にとってもらおうと逃げた松岡を追ってきたが、でてくる松岡を外で待ち、流産してしまう。

 

その逆恨みから、他の3つの事件をカモフラージュに使い、長倉を殺し、山岸を狙っていた。

 

部屋に監禁された山岸を新田は助けにいくが、4つの部屋のどこにいるかわからない。

 

新田は、シーツの乱れに気づき、長倉を捕まえる。その他の事件も犯人をみつけることができた。

原作『マスカレードホテル』の感想

一流ホテルにホテルマンとして潜入する刑事がカッコいい。ホテル内では色々な客が色々な事件を起こす。

 

中にはほっこりするようなお話もあって面白い。しかし、さすがに東野圭吾だけあって、油断しているとあっと驚く結末に騙されてしまう。続編もあるが、この作品が一番好き。(34歳男性)

ホテルを訪れる多くの人の人間模様が面白い。事件を解決するために誰がどのように関わっているのか、誰が怪しいのか考えながら読むと続きが気になり、どんどん読み進めたくなった。460頁と長編ではあるが、それも気にならない読みやすさと面白さだった。(27歳女性)
一流ホテルで起きた事件を捜査する刑事と、フロントに勤務する女性が事件解決に向けて奮闘するのですが、刑事の方が、ホテルに潜入捜査をしていく中で、色々な宿泊客がいて、みんな怪しく見えてくる。

 

そんな中で、フロントの女性と刑事のやりときが軽妙と緊迫した場面がハラハラさせられてドキドキしながら読みました。

 

色々な人間がホテルには宿泊に来ていますが、老婦人が変装をして泊まりに来ていたストーリーの時は、夫婦愛には胸がキューンとするよな事がありました。

 

様々な人間模様、事件が相次いで起こったりで色々な事がありましたが、事件も無事解決し、刑事と女性の関係もいい感じで終わって、とても面白く読みました。(57歳女性)

殺人事件を巡るストーリー展開は、東野圭吾作品らしくテンポよく、わかりやすく面白い物語だと思います。

 

伏線回収をして物語が完結という比較的シンプルな作品ですが、ホテルの裏事情にフォーカスしている小説は新鮮で、興味深く読めました。(36歳男性)

刑事の新田は犯人の仮面を剥ぐ事で、ホテルウーマンの山岸は新田を一流のホテルマンに見せる為に研修係になるのだが相手にどう思われようが、言いたい事ははっきり言う。

 

二人のプロ根性がものすごいと思いました。とにかく先が気になって仕方なくて引き込まれてしまい、読むのをやめられない小説でした。(52歳女性)

東野圭吾さんの作品の中ではミステリー濃度は低めなので、上級者やミステリーマニアには少し物足りないです。

 

しかしホテルに出入りする多種多様な人物の個性や出来事をドラマティックに描く様子が面白さを増幅させています。

 

個人的にはホテルの細部に至るまでの描写が素晴らしく、モデルとなったホテルに泊まってみたいと思いました。

 

人間関係や愛についての機微も感じ取れますし、ドラマとして楽しく読める良い意味でライトな作品に仕上がっていると思いました。(29歳男性)

ホテルは使いますけど、内側がこんなシステムになっているのかと、興味津々で読み進めました。

 

作者が東野さんだけあって、ホテルのウンチクに偏らず、キチンとミステリーもスリルがあって、このバランスの良さが本作を傑作にしていると思います。読み出したら止まらない、本当に面白い作品です。(40歳男性)

面白かったです。最後まで誰が犯人だか分からずまさかの展開にはらはらドキドキしました。

 

東野圭吾さんの作品はよく読んでいるのですが、この作品はミステリー要素が強くて感動的な場面があまりないのでまずまずの評価です。(41歳女性)

最期まで犯人、そして犯行目的がわからず、知りたいが為に一気読みしてしまいました。ホテルが舞台なので、読者が想像しやすいと思います。

 

ホテルの裏側やホテルマンの信念に触れることもできて、興味深かったです。刑事とホテルマンの対立、その後の展開も面白かったです。マスカレード・イブを読んでおくと更に楽しめると思います。(39歳女性)

一警察官が、とある事件の潜入捜査の為に、ホテルマンとして働く物語。ミステリー要素ももちろんですが、ホテルを訪れる人達との人情溢れるストーリーに心打たれました。

 

一人一人との物語をしっかりと丁寧に描いていて、まるで自分もその人達と接しているような気持ちになりました。(28歳女性)

原作『マスカレードホテル』の見どころ

なんといっても、ホテルマンとして潜入する新田刑事の奮闘ぶりが読んでいて楽しい。

奮闘といっても、事件に立ち向かうという意味だけでなく、ホテルマンとしての業務に悪戦苦闘する姿がかわいらしい。
ホテルの裏側も知れて勉強になる。
(34歳男性)

ホテルマンとホテルを訪れる多くの人との関わりの中で、刑事が成長していくところが見どころ。また、ホテルに訪れる人、一人ひとりの人間模様と事件とがどのように関わっているのか刑事の視点やホテルマンの視点で考えられているところが見どころ。(27歳女性)
ホテルに犯人が要るかもしれないということで、刑事がホテルに潜入し慣れないフロント業務をしつつも犯人を逮捕するという所、そして、フロント勤務の女性が事件に絡み、スリルと刑事との掛け合いも中々緊迫感があって面白いです。

犯人が爆弾を仕掛けたのではと憶測が流れた事もありホテルに数名の刑事が潜入して、犯人に狙われているという人の結婚式が迫っている犯人を早く見つけなければ、時間との戦い、刑事が奮闘しているさまはとてもスリルがあり面白いです。(57歳女性)

まずは刑事がホテルマンとして潜入捜査をするという、特殊な設定が見どころだと思います。

主人公新田は刑事がゆえに接客態度がなっておらず、ホテル従業員山岸尚美と対峙します。

その二人とホテル内で繰り広げられる、不可思議で特異な物語展開が本作品の主軸として楽しんで読み進められると思います。(36歳男性)

優秀だけどプライドが高い刑事の新田浩介とホテルウーマンとして優秀な山岸尚美。

性格の全く違う二人が、衝突しながらもお互いをプロと認めあい信頼関係を築いていく過程がとても印象です。どんどん展開する話に驚きながらワクワクして読む事が出来ます。(52歳女性)

新田と山岸のコンビが段々と噛み合っていき、「バディー感」が出てくるのも小説の醍醐味。

ホテルは定番の密室モノですが意外と舞台になることは少ないので、華やかな世界やホテル好きには馴染みがあって面白い。

ストーリーやキャラクターの個性が秀逸で、最後まで飽きずに読める内容になっているのは流石人気作家の手腕だと思います。(29歳男性)

まず、ホテルに次々とやってくる客達の個性が強過ぎる点ですね。取材をしっかりやる東野さんですから、実際もこれに近い客がホテルを利用するのかと思うと、ホテルで働くのは大変だと思いました。

そんな客達の絶対不可能なニーズを、知恵を振り絞って解決していく尚美の言動が最大の見どころだと思います。

もちろん、殺人を防ぐ刑事・ホテル側スタッフ達と犯人との知能戦も重大で楽しい見どころです。(40歳男性)

はらはらドキドキのストーリーです。そしてホテルの従業員の山岸さんの頭の切れる行動がとても素晴らしく犯人逮捕の重要なポイントになっています。新田さんとのコンビネーションがとても良くて面白いストーリーです。(41歳女性)
犯人は誰か?最期まで展開が読めないところだと思います。ハラハラしていたら、いつの間にか終盤を迎えたという感じのする作品です。刑事とホテルマン、二人のやりとりが面白いです。

仕事との向き合い方、信念とは何なのか、ミステリー要素以外にも考えさせられる部分があります。(39歳女性)

東野圭吾さんといえばミステリーのイメージですが、心情を描くのもとってもお上手で中途半端なところがないので、ミステリーが苦手な方や読んだことない人にもおすすめ。

ミステリー自体も、難しすぎず濃すぎずなので、あまり深く考えずに読めると思います。東野圭吾氏の本を読むならこの本から、といっても過言ではないです。本当におすすめです。(28歳女性)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です