二つの祖国のモデルになった歴史的な人物は誰?実話なの?

テレビ東京開局55周年特別企画で作成されたドラマ「二つの祖国」が3月23日、24日の2夜連続で放送されることが決定しました。

 

このドラマ「二つの祖国」は1900年代と第二次世界大戦前、戦中、戦後のアメリカと日本を舞台にしていて、モデルになった歴史的な人物がいるみたいですね(^^♪

 

今回は、「二つの祖国」でモデルになった実在する人物について紹介します。

二つの祖国のあらすじ

「日本人として生きるのか、アメリカ人として生きるべきか?」

アメリカで生まれた日系二世の天羽賢治(小栗旬)は日本で教育を受けた後、UCLAで学び、卒業後はロサンゼルスの邦字新聞「加州新報」の記者として働いていた。

賢治は社説で「良き日本人たろうと努力することが、立派なアメリカ市民たり得る」と説き、自らもその生き方を貫こうとしていた。

職場の同僚・梛子(多部未華子)は賢治のUCLA時代の同級生・チャーリー田宮(ムロツヨシ)と交際しており、賢治は2人の交際に複雑な思いを抱きながらも、梛子の友人で二世のエミー(仲里依紗)と結婚した。

だが、太平洋戦争が始まり、賢治を取り巻く状況は一変する。賢治や父・乙七(松重豊)、母・テル(麻生祐未)ら日系人たちはマンザナールの強制収容所に送られ、不自由な生活を強いられる。

やがて、日系人の中からアメリカ陸軍への徴兵を募ることになり、日系二世はアメリカか日本か、どちらの国に忠誠を誓うか、選択を迫られる。

賢治の末の弟・勇(新田真剣佑)は日系人部隊に志願し、賢治は情報戦で戦争を早期終結させようと、陸軍情報部で日本語教官や暗号解読の仕事に就く。

一方、開戦当時に日本で教育を受けていた弟の忠(高良健吾)は、日本兵として徴兵され、フィリピンの戦地へと送られる。そんな中、賢治も語学兵のリーダーとしてフィリピンへ向かうが…。

日本とアメリカ「二つの祖国」の狭間に立たされた賢治を待ち受ける運命とは…!?

二つの祖国の原作は、山崎豊子の「二つの祖国」で、1900年代と第二次世界大戦前、戦中、戦後のアメリカと日本を舞台にしています。

 

二つの祖国のモデルになった歴史的な人物は?

二つの祖国のモデルになっている人物は、伊丹明さんハリー・K・フクハラ(福原克治)さんです!!

二つの祖国のモデルとなっている伊丹明さんを演じるのは小栗旬さんです(^^♪

ハリー・K・フクハラさんは二つの祖国に登場するのですが、誰が演じているのかはまだわかっていません。

伊丹明ってどんな人?

伊丹昭(いたみあきら)はアメリカ陸軍の軍人で、デイヴィッド・アキラ・イタミというアメリカ名をもった日系アメリカ人です。

1911年生まれで1950年の12月26日にピストルで自殺してしまいました。

伊丹昭(いたみあきら)さんはアメリカのカリフォルニア州オークランドで生まれ、3才の時に鹿児島県加治木町に移りました。

1928年に大東文化学院に入学、漢籍やインド哲学を研究し、1931年にアメリカのカリフォルニア大学に入学。

大学卒業後は日本語新聞の『加州毎日』の記者として働いていました。

しかし、1941年に起きた大変用戦争で収容所生活が始まり、アメリカ陸軍情報部で日本軍の軍事暗号を解読する任務を与えられた。

以前はアメリカ海軍情報局は日本軍の盗聴には成功していたが、日本語がわからず会話内容が明らかではなかったが、伊丹昭(いたみあきら)が翻訳することによって会話内容がはっきりとわかるようになった。

その後は、1946年の4月に始まった極東国際軍事裁判で通訳モニターとして活躍。

伊丹昭(いたみあきら)さんは1984年にNHKで放送された大河ドラマ『山河燃ゆ』では、主要人物のモデルとして注目されたり、小説『二つの祖国』のモデルになったりしていますね(^^♪

小説『二つの祖国』、『山河燃ゆ』では、伊丹昭(いたみあきら)さんの戦争責任をめぐる裁判に関する業務は耐えがたいほどの負担があると書かれており、その重圧に負けてピストル自殺をしたと言われています。

ハリー・K・フクハラ(福原克治)ってどんな人?

ハリー・K・フクハラさんはワシントン州シアトルで生まれ、広島県出身の両親と4男1女と一緒に暮らしていました。

その後、父が亡くなったことで故郷の広島に戻ることになったが、日本の生活になじめず両親を置いて帰米することに。

ロサンゼルスでバイトをしながら白人夫婦の家で居候していましたが、太平洋戦争により強制収容所に収監されることになりました。

収容から3か月後に、陸軍の語学兵に合格し語学兵としてニューギニア戦線やフィリピン戦線に赴いた。

最初は白人兵士から「なぜ日系人がいるのか」と疑問に思われたが、実績を上げていくにつれ、同僚から受け入れられるようになった。

その後、2015年4月8日にサンノゼで亡くなりました。

二つの祖国は実話なの?

ドラマ「二つの祖国」は実話で、1900年代と第二次世界大戦前、戦中、戦後のアメリカと日本が舞台になっています。

主人公は伊丹明さんで、伊丹明さんがどのような人生を送ってきたのかを詳しく再現しているでしょう!!

二つの祖国(ドラマ)のモデルと実話まとめ

ドラマ「二つの祖国」のモデルになっている歴史的人物や実話かどうかについて紹介しました。

二つの祖国のモデルは伊丹明さんで、ハリー・K・フクハラさんも登場します!!

二つの祖国は実話なので、私たちが味わったことのない戦争の生の情報をドラマで再現されていると良いですね(^^♪

キャストも豪華なので、かなり見ごたえがあるドラマになっていることでしょう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です